竹田昭彦日誌(#24)5月24日(木) 

《 幹線の「礼文コース」に再合流 》

苫小牧市を行進(前列右)岩渕さん

 鵡川町の役場訪問と苫小牧市の行進です。
 9時、鵡川町役場を訪問し、助役さんと教育長さんにお会いし、ペナントへの記名や募金などの要請を行い、賛同をいただきました。
 その後、大松さんの車で苫小牧市へ移動し、勤医協「苫小牧病院」を訪問しました。
 12時30分、同病院の会議室で、行進実行委員会加入団体の各代表(10団体)が集まり、原水爆禁止運動の取り組みを報告しあいました。私は、神奈川県にある米軍基地について話しました。
 午後2時、苫小牧市の「中央公園」で、私が行進して来た「えりもコース」が、幹線の「礼文コース」と合流し、苫小牧集会が開かれました。再々会した宮坂さんは、ギターで歌唱をリードし好評でした。札幌から岩渕さんが見え、激励のあいさつをされました。その後、行進へ移り、参加者60人で「苫小牧駅」方面から、国道36号線を回って「中央公園」まで3卻發ました。小雨模様で寒さを感じたが、がんばって手を振り平和の願いを街へとどけました。
 今日以後、私は幹線の「礼文コース」に入り、宮坂さんと一緒に函館へ向かいます。
 今日の行進は、参加者が16団体から60人で3卻發ました。、