竹田昭彦日誌(#23)5月23日(水) 

《 署名行動で訴える 》

シシャモを軒下に干す商店=鵡川町

 鵡川町の行進です。
 午前中は行動がないので、昨夜の宿に長居をさせていただきました。パソコンに打ち込む仕事があるので、助かりました。
 午後1時、宿を出て「厚賀駅」から列車に乗り、「鵡川駅」で降りました。改札口を出ると、鵡川町の町議の大松紀美子さんにお会いしました。大松さんの案内で、元町議の春菜秀治さん宅を訪問しました。たいへん歓迎を受け、干したシシャモを焼いたり、ウドの天ぷらを揚げていただいたり、ビールもごちそうになりました。
 ここのシシャモは、私が関東で食べていたシシャモと違い、本物だと言います。本物だと言うシシャモは、北海道の太平洋岸だけで捕れるそうです。鮭科の魚で、秋に海から川へ遡上します。普通食べているのは、樺太シシャモと言う別な魚だそうです。鵡川町が、1番シシャモの採れる地域でした。商店街を歩くと、軒下にノレンのようにシシャモが干してありました。長さは10僂らいでが、1匹100円以上する高価なものでした。
 午後5時30分、「生協店舗」前での署名行動に参加しました。通行人は少なかったけれど、半分以上の人が署名されました。凄い反応だと思いました。私にマイクがまわってきて、平和行進に参加している意味を訴えました。
 午後6時、「生協店舗」前から行進が出発し、参加者6人で鵡川役場まで1卻發ました。行進を警察に届けていないそうで、裏道を歩きました。
 今日の行進は、参加者6人で1卻發ました。