竹田昭彦日誌(#62)7月01日(日) 

《 久慈川沿いに7自治体を行進 》

東海村の「平和宣言」塔

 大子町、山方町、美和村、諸川村、大宮町、常陸太田市、那珂町の行進です。
 行進は、久慈川の上流の大子町から、下流の那珂町へ向かった「水郡線コース」です。
 9時20分、大子町の「大子駅」から行進し、参加者20人で大子町役場まで1卻發ました。
 この後は、各役場の中心街を1、2卻發、それ以外は車に乗っての移動です。
 午前は、大子町、山方町、美和村、諸川村を行進しました。諸川村の行進のとき、女子中学生2人が飛び入り参加し、先頭の「リレー横断幕」を持って歩きました。中学生の率直さが光ります。
 午後は、大宮町、常陸太田市、那珂町を行進にしました。常陸太田市の行進では、杖を使った84歳の方が参加しており、凄いと思いました。午後に予定していた爪連町の行進は、時間不足で中止しました。
 午後4時、旧那珂町役場前で「水郷線コース」の終了式と休憩をしました。スイカの接待があり、喜びました。30度を超す1番暑い日だったからです。
 今日1日の宣伝カーのアナウンサーは、全て大子町議の柴さんでした。柴さんは、「毎年アナウンサーしているが、話す内容を考えると、国の戦争する方向への動きが早い」と言われました。
 柴さんはスピーカーにのる良い声で、「ガイドライン法、小泉の集団自衛権」など、分かりやすかったです。
 午後4時50分、東海村の「中央公民館」へ車で移動してきて、引き継ぎ式をしました。東海村の「平和宣言」塔には、「原子力平和利用推進」と「核兵器廃絶」の文字が書いてありました。
 今日の行進は、参加者20〜25人で延べ9卻發ました。