竹田昭彦日誌(#43)6月12日(火) 

《 役場の職員労組から歓迎挨拶 》

矢巾町庁舎にて=右から3人目が収入役さん

 盛岡市の行進、矢巾(やはば)町、紫波(しわ)町の役場訪問と行進です。
 12時15分、盛岡市の「岩手県公会堂」前広場で出発式が開かれ、その後、行進へ移りました。メディアの取材があり、行進しながらテレビ局の女性アナウンサーからインタビューを受けました。テレビカメラも向けられ、身体に力が入ってしまいます。PRの場だと思い、手を振ってもスムースになりません。
 行進は、参加者15人で盛岡市の「川久保病院」まで4卻發ました。「病院」では、職員50人の出迎えを受け、冷水茶の接待がありました。
 その後、行進を再開し、車での移動も入れ、矢巾町役場まで3卻發ました。
 午後3時、矢巾町役場のロビーで歓迎集会が開かれ、収入役さんと町職労の副執行委員長さんから歓迎のあいさつをいただきました。ロビーには、平和を願う「大望の像」があり、記念撮影をしました。
 その後、行進を再開し、車での移動を入れ、紫波町役場まで4卻發ました。
 午後5時30分、紫波町役場の2階で歓迎集会が開かれ、収入役さんと町職労の執行委員長さんから、歓迎のあいさつをいただきました。
 岩手の行進では、役場訪問のときに、職員労組から歓迎のあいさつをいただくことが多いです。
 今日の行進は、参加者15人で延べ11卻發ました。