竹田昭彦日誌(#39)6月08日(金) 

《 8自治体をまわる 》

剣吉駅前(名川町)での行進準備風景

 八戸市、福地村の役場訪問と行進、名川町、南部町の役場訪問、三戸町の役場訪問と行進、田子町、南郷村、階上(はしかみ)町の役場訪問です。
 8時45分、八戸市役所を訪問し、その後、行進へ移りました。参加者30人で、八戸博物館まで3卻發ました。先頭の横断幕は、若い女性3人が持ちました。雨天模様でしたが、雨は降らずにすみました。
 この後は、7自治体をまわる日程なので、車で移動しながら役場訪問や短区間の行進をしました。
 各自治体訪問では、合併問題が話題になりました。少人口の町や村は、隣接する多人口の自治体に吸収されそうです。
 最後の階上町役場訪問したあと、宿の八戸市へ帰りながら、八戸港の埋め立て地を視察しました。私が42年前、八戸港の埋め立て作業で働いていた蕪島、鮫、白銀、八戸漁港をまわりました。当時の海岸線から沖にかけては、すっかり陸地に変わっており、ビックリしました。「日本列島改造」の凄まじさを見ました。働いていたのは1年間ほどで、埋め立て完成を見ていませんでした。
 今日の行進は、区間により参加者30〜20人で延べ8卻發ました。