竹田昭彦日誌(#35)6月04日(月) 

《 津軽半島1周 急ぎ旅》

平舘村を平和行進

 蓮田村、蟹田町、平舘村、今別町、三厩村の役場訪問と行進と、小泊村、市浦村、中里町、金木町の役場訪問、五所川原市での引き継ぎです。
 9時、青森市の「県教育会館」前で、出発集会を開きました。TV局が取材に来ました。青森のメディアは、平和行進を熱心に取材しています。
 9時10分、青森県原水協事務局長の辻村泰子さん運転がする宣伝カーと、その他の車に分乗して、津軽半島の9町村を訪問します。相当なハードスケジュールです。
 午前中から午後2時30分にかけ、蓮田村、蟹田町、平舘村、今別町、三厩村の各役場を訪問しました。そして、各役場訪問の前・後には、0.5から1匚埒覆靴泙靴拭
 小泊村、市浦村、中里町、金木町は、行進の時間がなくなり、役場訪問だけとなりました。
 今別町役場訪問のとき、出されたお茶の湯飲み茶碗が「昭和56年度戦没者追悼祈念式記念」の品だったので、私が遺族であることを話し、その茶碗をいただきました。
 津軽半島先端の三厩村では、お会いした村長さんが、昨年46人死亡し、新生児は6人だったと話され、村の将来を心配していました。
 午後4時30分、今日最後の目的地の五所川原市役所へ到着し、「津軽」地区から「西北五」地区へ引き継ぎをしました。この後、青森市からの参加者たちは、遠路、青森市へ帰って行きました。
 今日の行進は、参加者20人で延べ3卻發ました。