竹田昭彦日誌(#91)8月04日(土) 

《 広島市を500人が行進 》

平和公園を目指して長い隊列が続く

 府中町の行進、広島市東区の行進と区役所訪問と広島市中区の行進です。
 9時20分、府中町の「原爆の碑」前で出発式が開かれ、私が「北海道→東京コース」の通し行進者として紹介され、あいさつをしました。
 行進へ移り、参加者100人で広島市の東区役所まで2卻發ました。私は「北海道→東京コース」のリレー横断幕を持ち、2列目で行進しました。歩きはじめると、最後の行進なので力が入り、手を振りながら進みました。沿道からの激励も多くなり、それに応えて一層盛り上がり、感激で、涙が出てきました。
 10時10分、東区役所では、職員13人が出迎えられ、担当部長さんから歓迎のあいさつをいただきました。土曜日の休みの日なのに、凄いと思いました。
 10時25分、区役所から行進が出発し、参加者200人で中区の稲荷大橋を渡った「堤防公園」まで2卻發ました。ここで休憩です。今日も炎天下なので、水分補給をしました。
 11時10分、「堤防公園」から行進を再開し、「平和公園」まで2卻發ました。その途中の「白神社前交差点」で、広島市内の網の目「南コース」と合流すると、いっそう盛り上がり、行進者の中から自発的なシュプレヒコールが響きました。
 11時55分、行進が広島平和公園正面の噴水広場に到着しました。「富山→広島コース」も到着しており、直ちに終結集会が開かれました。各コースの通し行進者が、宣伝カーの屋根の演台に立ち、感謝と感動の思いを話しました。広島へ来たんだ、との感情が全身にみなぎりました。午後は、原爆資料館を見ました。
 今日の行進は、区間により参加者100〜200人で4卻發ました。
 なお、今日の「東京→広島コース」、「富山→広島コース」、「南コース」の行進参加者総計は、500人と発表されました。