竹田昭彦日誌(#88)7月27日(金) 

《 上野へ無事終結 》

上野・東照宮の「原爆の火」に終結した
「北海道→東京」のリレー横断幕

 足立区、荒川区、墨田区、台東区の行進です。
 10時10分、足立区の「ベルモント公園」で、網の目の「北区コース」の出発集会が開かれました。私のあいさつでは、ここまで無事に来れたお礼と、遺児の立場から戦争のない平和な世界の実現を訴えました。北区へ、通し行進者が初めて来てくれたと、喜んでいただきました。行進は、参加者80人で青井の「ふれあい公園」まで3卻發ました。ここで、荒川区へ引き継ぎまし、終了は12時です。この後、幹線の「墨田区コース」へ移動です。
 午後1時40分、墨田区の「吾嬬西公園」で開かれた出発式に参加し、参加者50人で台東区の「花川戸公園」まで4卻發ました。
 午後3時30分、最後の行進が「花川戸公園」から出発し、参加者60人で「上野公園」まで5.5卻發ました。「上野公園」の直前で、山梨県から引き継いできた「北海道→東京(日本海コース)」と合流しました。直ぐ、宮坂さんを見つけ、言わず語らず、お互いの無事を喜びました。
 午後5時10分、上野の東照宮境内に灯された「広島・長崎の火」前で、集結集会開かれました。ここには、「平和遺族会」の会員やマラソンの友人、出発時に写真を撮っていただいた山口さにも来ていただきました。私のあいさつの番になると、感情が込み上げ、まとめの言葉をはっきり言えませんでした。
 全国の皆さん、ありがとうございます。
 今日の行進は、区間により参加者80〜50〜60人で延べ12.5卻發ました。
 東京の行進距離の総計は、27.5劼任后「北海道→東京」間の行進距離の合計は、584.5劼任靴拭