竹田昭彦日誌(#76)7月15日(日) 

《 四街道市長が行進 》

四街道市長が(右から2人目)行進

 四街道市の行進と市役所訪問、千葉市の行進です。
 9時30分、四街道市千代田の「調整池わき公園」で出発式が開かれ、私と、「平和遺族会」会員で佐倉市在住の上田美毎さんがあいさつしました。千葉県の行進では、「平和遺族会」の会員が連日参加しており、目立っています。宣伝カーのアナウンスで、私の紹介が原稿に入っています。恥ずかしいと思っているのは失礼だと、思うようになりました。「平和遺族会」の宣伝効果抜群で、ありがたく思うとともに、元気をいただいています。
 四街道市役所訪問では、日曜日にもかかわらず市長さんから歓迎のあいさつをいただきました。その上、女性の司会者から「市長さんも歩きましょう」と声がかかり、「リレー横断幕」を持ち歩かれました。私は、首長さんと歩くのが初めてで、ビックリするやら、感激するやら、参加者一同も大喝采でした。
 午後の行進の休憩時には、ちば生協からか、ち割り氷、ジュース、漬け物などの接待がありました。暑さが続くので、頭へ水をかけ、かち割り氷を頭に乗せて歩き、助かりました。暑さをしのぐには、氷は何よりです。
 午後5時過ぎ、千葉市の「中央公園」で終了集会を開いていると、スケボーをしていた若者たちも加わり、拍手してくれました。行進の趣旨が若い人に伝わり、よかったです。
 夜は、夕食会を開いていただきました。
 今日の行進は、車の移動なしで歩き通し、参加者50〜60〜50人で21卻發ました。